TOTAL INEO 5W-30 第2弾エンジンオイル編


TOTAL INEO 5W-30

前回の続きですが、今回ご紹介するオイルが直噴ターボ用のエンジンオイル‘LOW SAP‘オイルなんです。

このオイルの特徴は、ターボ車特有のブローバイガスが多く排出されるのとオイルの蒸発を最小限にし、(完全に防ぐのは無理ですが)燃焼室の状態を最適に保つようにオイル成分を配合しているタイプです。

しかもECOと聞くとモータースポーツ系の方は自分の車には適合しないと思われる方が多いと思いますが、実はそうでもありません。

月一のサーキット走行ぐらいでしたら、このオイルで十分です!

写真のタイプINEO LONG LIFEでしたらエンジンを150℃まで加熱した状態でも(ACAE C規格)HTHS粘度が3.5mmとしっかりと油膜を確保します、レースやタイムアタックをするわけでは無いので・・・という方にはピッタリです。

さぁどうでしょう、この機会に愛車とお客さまの使い方に合わせてオイルを選ばれてみては! 

直噴ターボ用
TOTAL INEO 5W-30 ECS    1L 2900円
TOTAL INEO 5W-30 LONG LIFE 1L 2900円

*通常であればエンジン内部の滑降性能を上げる為に必要な硫黄(SULPHUR)・灰分(ASH)・リン(PHOSPHORUS)は非常に燃えやすい性格の為スポーツ走行には適しておりますが街のりにはあまり適してはいません。

上記成分は燃えた後、触媒を詰まらせてしまう原因やスラッジで燃焼室及びバルブや
インジェクションに付着してエンジンを不調にしてしまいます。

さらにブローバイも増える為インテーク内も実は大変なことになっています。

上記成分それぞれの頭文字をとってSAPとなります、ですのでLOW SAPとなります。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする